プログラム

講演会場:静岡県立大学草薙キャンパス 看護学部棟4階 13411講義室
ポスター会場(1):13408・13409演習室
ポスター会場(2):13413・13414演習室

  • 11:30 受付開始
  • 12:00~12:50 ランチョンセミナー
     演題:糖尿病治療の最前線
     演者:静岡県立総合病院副院長 井上 達秀
     座長:静岡県立大学薬学部臨床薬剤学分野教授 賀川 義之
  • 13:00~13:10
     開催の挨拶
      静岡県立大学薬学部医薬品情報解析学分野教授 山田 浩
     来賓の挨拶 
      静岡県立大学 学長 鬼頭 宏
  • 13:10~14:10 特別講演
     演題:臨床薬理学の温故知新:「いのち」を守っていくために!
     演者:大分大学名誉教授 臨床試験支援財団理事長 中野 重行
     座長:静岡県立大学薬学部医薬品情報解析学分野教授 山田 浩
  • 14:10~14:40 教育講演
     演題:臨床研究法の下で実施する臨床研究
     演者:浜松医科大学医学部附属病院臨床研究管理センター
                   副センター長・特任准教授 小田切 圭一
     座長:福井大学医学部病態制御医学(血液・腫瘍内科)教授 山内 高弘
  • 14:40~15:40 ポスターセッション 示説
  • 15:40~17:10 シンポジウム
     テーマ:みんなで理解する薬物動態・薬物相互作用―薬物動態情報をチームで利用するために
     座長:静岡県立大学薬学部実践薬学分野准教授 内田 信也
        浜松医科大学医学部臨床薬理学講座准教授 乾 直輝
     シンポジスト
      1. 演題:わかりやすい薬物動態・薬物相互作用の話
        演者:静岡県立大学薬学部実践薬学分野 内田 信也

      2. 演題:薬剤師からみた薬物動態・薬物相互作用のとらえ方とその臨床応用
        演者:浜松医科大学医学部附属病院薬剤部 三浦 基靖

      3. 演題:薬物動態・薬物相互作用のエビデンスを診療・治療に用い、臨床から
           生み出す(医師の立場から)
        演者:国立長寿医療研究センター 治験・臨床研究推進センター 
                        治験・臨床研究推進部長 鈴木 啓介

      4. 演題:薬物動態・薬物相互作用の臨床試験を支援し、実施する
          (CRCの立場から)
        演者:浜松医科大学医学部附属病院 臨床研究管理センター 木山 由実

  • 17:10~17:20 閉会式
     次回地方会長の挨拶
      福井大学医学部病態制御医学(血液・腫瘍内科)教授 山内 高弘
     閉会の挨拶
      静岡県立大学薬学部医薬品情報解析学分野教授 山田 浩
  • 17:30~19:00 懇親会(はばたき棟地下食堂)
      司会 静岡県立大学薬学部実践薬学分野准教授 内田 信也
     開会の挨拶
      静岡県立大学薬学部医薬品情報解析学分野教授 山田 浩
     来賓のご挨拶
      静岡県立大学 薬学部長 眞鍋 敬