ホリデイ・トレッキング・クラブ
第8回食品薬学シンポジウムの開催にあたって
 

 食品薬学シンポジウムは日本薬学会生薬天然物部会主催のシンポジウムとして、食の機能性と生薬天然物をつなぐ観点から、これまでに計7回開催されてきました。本シンポジウムは、大阪大学名誉教授の北川勲先生、京都薬科大学名誉教授の吉川雅之先生ら薬学研究者が、ヒトのからだと健康に関して、食品を成分物質のレベルで科学的に明らかにしその具体的な証を示すことを目指し、疾病予防と薬用食品をキーワードに、平成11年に「くすりと食物シンポジウム」として開催されたのが始まりであります。それを前身として平成18年からは日本薬学会の生薬天然物部会が新設されたのに伴い、部会主催の「食品薬学シンポジウム」として隔年開催されるようになりました。今般、静岡県立大学におきまして第8回の同シンポジウムを開催する運びとなりました。
 戦後、日本人の食生活は急速に欧米化しており、それに伴い生活習慣病や大腸がん患者の増加など罹患する疾病も変化してきました。また薬食同源という言葉にもあるように、食と健康の関わりについての研究も盛んに行われ、その重要性が広く認識されてきました。そのため機能性食品や健康食品等への関心が高まり、大きな市場を形成するに至っていますが、それら食品素材の機能性、安全性に関する科学的検証が十分になされているか疑問符がつくものも多く感じられるのが現状です。本シンポジウムは、食品素材の機能性や天然薬物等に関する研究開発において第一線で活躍している先生方による研究成果を発表していただく場であります。食品素材や天然薬物分野の発展につながることを期待しております。
 特別講演では、東京大学大学院農学生命科学研究科の佐藤隆一郎先生、株式会社ヤクルト本社の松本敏先生にご講演いただきます。シンポジウムは1)機能性食品の科学、2)天然薬物全般、3)企業における食品薬学研究、を主題とする三つのシンポジウムを企画いたしました。
本シンポジウムが食品学分野・天然薬物分野の一層の活性化の一助となれば幸甚に存じます。どうぞ奮ってご参加頂きますようお願い申し上げます。
 
第8回食品薬学シンポジウム実行委員会
実行委員長 渡辺 賢二
 
連絡先
〒424-8526 静岡市駿河区谷田52−1
静岡県立大学 薬学部
第8回食品薬学シンポジウム実行委員会
TEL: 054-264-5912
FAX: 054-264-5666